本格和風、中二階の外観・内観にこだわりの家

施工例
倉敷市  O様邸
上棟 2014年2月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 新築
詳細 外観がシンプルな中二階の家の中心に薪ストーブを設置して、建物全体があったかいぬくもりを感じられる工法を使ったお家になりました。国産無垢材をふんだんに使い、仕上げられた無垢材本来の香りとあたたかい雰囲気に包まれたお家に仕上がりました。随所にお施主さんをこだわりを取り入れた外観も内観も「和の和み」を追求した建築物となりました。
赤木創建

玄関周りは昔ながらの良さを活かし広くて来客を 和ませる空間に仕上げました。 腰休めの設置や マイラ戸など本格的な和風玄関となりました。

赤木創建

新築したらぜひにと、御主人が取り入れたかった 薪ストーブをアピールしすぎず、さりげなく設置して 無垢材や自然素材の良さを活かせるようにしました。

赤木創建

一階吹き抜け部分から天井を見上げると杉板をはじめ 桧・日本松・栗がそれぞれ主張しすぎず集まって 良さや特徴を活かし、ガッチリ感を感じさせます。

赤木創建

屋根断熱工法にして広々と空間を活かした吹き抜けや 芸術を感じさせる日本松の階段も組みあがり、 無垢材の語らいに華を添えてます。

赤木創建

奥様お気に入りのシステムキッチンユニットを 梁の魅える天井と融合させてみました。

赤木創建

手洗い陶器に造り付けカウンター収納を合わせて 無垢(日本の栗)の洗面手洗い台を造りました。

赤木創建

中二階の部屋からは骨太の日本松の梁組が見えます。 普通なら中央、栗の27cm角の通し柱が存在感を アピールしますが、うまく融合して目立ちません。

赤木創建

昔の家の中二階部分は、ロフト的使用がメイン でしたが、現在は部屋としても使えるように壁で 仕切り屋根裏部屋として使用できるようにしました。