新築・中二階のある家

施工例
岡山市 T様邸
新築
種別 伝統工法木造住宅
内容 新築(中2階のある家)
詳細 すべて日本の松・檜・杉・欅・栗の天然素材と自然素材で造りました。日本の伝統家屋の造りで軒がとても深く中二階をあしらえた造りになっていて田園風景にすごく馴染んでいます。
赤木創建

現在ではあまりお目にかかれない箪笥階段で材は地松の柾目で造りました。赤い壁も存在感があります。

赤木創建

厨房には匠の手造り物で天然檜天板の作業台(1000×2000)これもまた存在感があります。

赤木創建

栗の天板(面皮付)の収納付トイレカウンターも造り付け です。 数奇屋の趣でとても落ち着いた空間になりました。

赤木創建

存在感大の欅の通り柱(330角)にお家の端から端を繋ぐ 長さ15mの地松の中置が乗っています。 とても安心感があふれた吹き抜けになりました。

赤木創建

中二階はご主人の書斎兼遊び場になっています。 地松の登り梁が力強いですね。

赤木創建

完成直後の外観です。

赤木創建

お客様をお迎えし お家の顔でもある玄関は数奇屋の趣で仕上げています。吉野窓もやわらかい雰囲気で御出向かいします。

赤木創建

厨房・食堂の壁は大津壁で仕上げ建具を舞良戸など用いていて季節に応じて夏建具に替えます。ダイニングテーブルは150年前の自家の松の差し鴨居で造りました 今も生きています。