家族団らん、あたたかい木の家

施工例
岡山市  N様邸
上棟 2011年9月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 新築
詳細 栗の大黒柱 地松の梁 地松構造材 桧の柱 杉の化粧板  など、無垢の木をふんだんに使い、壁は自然素材の漆喰や  珪藻土を多く塗り、骨太の構造材に木の香りたっぷりの  無垢の木の家ができあがりました。  なつかしいながらも、寒暖対策をして寒暖の差が少ない  一定の暖かみや涼しさを体感できる落ち着きのある空間です。  子どもが自然素材の中で伸び伸びと育ってほしいとの要望に  答えた無垢の木の家となりました。
赤木創建

玄関から入って、すぐ右角に見えるのが吊り棚です。 実用的な廊下の使い方の他に、季節を感じさせる花や置物など、置く物によって心楽しめる演出がいろいろできます。

赤木創建

居間から続く和室は、稼働性の良い建具で仕切る事もでき 少数はもちろん、お友達など来客時でも困らない機能性を重視した部屋づくりになっています。

赤木創建

居間は屋根断熱仕様にして小屋裏を魅せて、梁や桧束を 眺めれるようにしました。 開放感あるれる部屋でも断熱を しっかりしてるので温度の差を感じにくい部屋です。

赤木創建

居間の壁には漆喰を塗りました。長く団らんする部屋は 調湿機能もある素材で、人間に優しく居心地いい空間に しました。地松の構造材とも、なじんでみえます。

赤木創建

栗の太柱が大黒柱です。三方に扉の開口部があるので どの建具扉を開けても太い栗柱が見えるようになってます。 生活に支障がないよう、さりげなくアピールできます。

赤木創建

陶器の洗面器に国産桜のカウンターをつけ、収納部分も 無垢の木で、フルオーダーならではの、無垢木オリジナル 洗面化粧台です。