つづき土間、大きな差鴨居のある家

施工例
倉敷市  N様邸
上棟 2009年8月吉日
種別 伝統工法木造住宅
内容 新築
詳細 奥様は交友関係の広い方で、「心が和んでお友達と   楽しくお話ができる空間を…」 また御主人の求められた   「骨太な構造材の中にも繊細な優しさが感じられる   家づくりがしたい!」    とのご提案に、弊社の知恵と伝統技術を使って建てた   おうちとなりました。
赤木創建

玄関には地松の敷台や造り付けの下駄箱、下がり壁には 海布丸太でアクセントをつけ和風の空間になりました。

赤木創建

玄関横には続き土間で、夏は涼を冬は暖を感じさせるよう つなぎの部分に木材を使い調和のとれた空間にしました。

赤木創建

奥様こだわりのキッチンで木のぬくもりを感じ.お友達と 楽しく会話しながら料理ができるようにしました。 イスとテーブルは御主人がこだわって探されたものです。

赤木創建

地松の大きな差し鴨居(9寸・270㎜)が居間から見えて 両端のほそがしっかり柱に入って込セン打ちで留め 見た目にも美しく.重厚な趣きを感じさせます。

赤木創建

和室は左にお床、中央に神様が鎮座され、右にお仏壇が 収納できるようレイアウトしました。

赤木創建

居間は御主人がこだわって探された家具が木のお部屋と 調和して落ち着いた.たたずまいとなりました。

赤木創建

構造材も御主人の思いを形にして粘り強さのある 地松(国産材)で軸組みをしています。

赤木創建

居間を別の角度から見ると左には栗の大黒柱があり 奥行きも見た感じ広く感じるようにしました。